犬の口臭は、飼い主の普段からの注意が大事です

犬の口臭を気にする飼い主は少なくありません。愛犬がじゃれて顔を舐めてくるときにあまりにも口臭がきついと、辛いですね。ただ、犬は本来、少なからず口臭があります。それを飼い主が神経質になってはいけません。犬は自分の口臭など、気にしていません。しかし、もしその口臭が内臓疾患からのものだとすると、診察が必要ですし、場合によっては治療も必要になってくるでしょう。また歯周病の場合にも口臭がします。

 

これらは人間と全く同じですね。我々人間も胃の具合が良くない時には口臭がします。歯周病や虫歯などの時もそうですね。口臭がしてしまいます。これと全く犬も同じなのです。しかし、犬はしゃべる事ができません。胃がおかしくて気分が悪くても飼い主に言う事ができません。歯周病で、歯や歯茎に痛みがあっても同じで、飼い主に言う事が出来ませんね。ですから飼い主は常に犬の状態をしっかりと見てあげていないといけないのです。

 

犬はいつも可愛く、私たち人間を癒してくれます。そんな存在の犬が具合が悪いとしたら、、、。心配になってしまいますね。大事に至らないためにも、飼い主は責任を持って愛犬の面倒をみてあげて欲しいものです。内臓の疾患が疑われるなら、糞をチェックしましょう。下痢をしていないでしょうか。また嘔吐をするようならば、病院に連れて行き診察してもらいましょう。歯周病ならば、痛みで食欲がなくなる場合があります。

 

あなたの犬はいつもと同じ食欲がありますか。常にチェックしておきましょう。そして予防も重要です。犬は寄生虫が原因で病気になる動物です。予め予防注射をすることも忘れないでください。犬がまだ小さいのなら、今の内から歯磨きの習慣をつけるのもいいでしょう。時々歯を犬用の歯磨きジェルなどをつけた布で拭くだけで全然違いますよ。全ては飼い主さんの仕事です。犬が可愛いならば、もっともっと世話を焼いてあげてくださいね。